Pi2 – wifi client (WI-U2-433DM)

BUFFALO WI-U2-433DM を 5GHz WiFi で使用(2017/01 )
ここ を参考に 4.4 系列対応にしました。

■ kernel 再構築

● 現在の kernel Ver を調査
# uname -a
4.4.38-v7+

● 必要なパッケージを追加
# aptitude -y install bc ncurses-dev git

● 4.4 系列 kernel の再構築
# cd /usr/src
# git clone –depth 1 https://github.com/raspberrypi/linux.git -b rpi-4.4.y
# git clone –depth 1 https://github.com/raspberrypi/firmware.git
# cd ./linux
# modprobe configs
# zcat /proc/config.gz > .config
# cp ../firmware/extra/Module7.symvers Module.symvers
# make oldconfig
# make zImage && make modules && make dtbs ( 数時間必要 )
# make modules_install
# cp arch/arm/boot/dts/*.dtb /boot/
# cp arch/arm/boot/dts/overlays/*.dtb* /boot/overlays/
# cp arch/arm/boot/dts/overlays/README /boot/overlays/
# cp /boot/kernel7.img /boot/kernel7.img.old
# scripts/mkknlimg arch/arm/boot/zImage /boot/kernel7.img
# reboot

● 新しい kernel の Ver
# uname -a
4.4.39-v7+

■ driver install

● rtl8812au を install する
# cd /usr/src
# git clone https://github.com/gnab/rtl8812au.git
# cd ./rtl8812au
# ee Makefile
——————————————–
53 行目 : CONFIG_PLATFORM_I386_PC = n に変更
59 行目 : CONFIG_PLATFORM_ARM_RPI = y に変更
——————————————–
# chmod +x install.sh
# ./install.sh
Do you wish to activate the module now? (y/n) y [ Enter ]

■ 接続設定

下記ファイルを適宜設定後、WI-U2-433DM を取付て再起動すればOK

/etc/network/interfaces (dhcpcd や NetworkManager を使用しない設定)
/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

※ 接続先の WiFi-AP が、
2.4GHz と 5GHz 両方対応してる場合は2.4GHz へ優先接続するので、
2.4GHz を停止して接続すれば 5GHz での動作確認が出来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です