ZigBee を初めてみた

面白そうなので、TWE-Lite-DIP-UFL と TWE-AN-C-UJ-100-01 を仕入れて遊んでみた。
変換コネクタ(SMA-P⇔RPSMA-P) で、WiFi ANT を仮付けしてテストしたら 20m以上通信可能でした。(自宅での最長距離)
次回は正式な ANT を付け、河川敷等でテストしてみたいものです。
CR2032 で 数年動作可能なので、各種センサーを Raspberry Pi Server へ接続するのに重宝しそう。

実験回路

子機のスリープ中にスイッチを押した場合、ON DATA は送信されるが
OFF DATA は子機が起動したタイミングで送信される様なので、数秒の遅延が発生。
(遅延時間はスリープ残時間に左右されるので不規則)
その間、親機の LED は点灯が保持される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です