APRS」カテゴリーアーカイブ

USBオーディオ


x40 に Raspbian を入れたので、
USBオーディオ変換ケーブル ( BSHSAU01BK ) を試してみた。
自動認識し、問題無く動作した。
暇になったら Raspi + direwolf + XASTIR で、9600bps の APRS i-gate でも作ってみようかな?
入出力の接続に、ST-48P でも仕入れておこう!

APRS ソーラー電源

2年程前に作った APRS 用ソーラー電源の記事

ソーラーパネル:中華物 50W x 2
バッテリー:12V 車用 (安物なので、2年毎に交換が必要)
チャージコントローラー:10A
DC-DC コンバーター:5V・3.7V 自作
無線機:I-GATE なので受信のみ

長期運用した結果
雨天等で充電出来なくても、3日程は連続運用可能。
バッテリーは、約2年で駄目になりました。
まめに保守しながらディープサイクルバッテリーを使うより
安物を放置して、2年毎に交換する方が良いと思ってます。
(防災等の重要な設備では無いので)

Pi – APRS I-GATE

数年前に、Raspberry Pi 1 で作った APRS I-GATE を
Pi2 + 2017-01-11-raspbian-jessie に対応してみた。

TNC は、16F88 を使った pic-tnc をベースに、
レベルコンバータ回路を追加し KISS-MODE に設定
( KISS-MODE 対応 Firmware は 自分で探して )

回路図

※ 本来ならば、無線機との接続はインピーダンス整合・レベル調整をし、トランスで回路を切り離すのが良いけど、所詮アマチュア無線用なので適当!
( Tracker からの DATA レベルも適当で歪んでるのが多い )

Raspberry Pi の設定は
serial console を停止し、I2C を有効にする。
ax25-tools・ax25-apps・tightvncserver・xastir をインストール
XASTIR の設定は、ここに詳しく書いてあるので割愛。

XASTIR 画像

※ direwolf + USB Audio Adapter なら 9600bps も出来るけど、
もうアナログ通信は終焉を迎えてるので、4値FSK に移行した方が良いかな?