工作」カテゴリーアーカイブ

焦電型赤外線センサーモジュール

TWE-Lite 電圧測定のSW部分に、焦電型赤外線センサーモジュールを追加した。
焦電人感センサは、秋月電子の[101-60-177 / 20-019-157]
※ 安物なので、1年程使えれば良いけど

TweLite 親機

※ raspi の冷却ファンは python にて制御 (今回は関係無いので割愛)

Raspberry Pi zero + TWE-Lite 電圧測定

以前、6V のソーラー電源を制作したので、
TWE-Lite と Raspberry Pi zero WH で、電圧ロガーを作ってみた。


※ 実際は、子機SW=赤外線センサー・親機LED=カメラのトリガー を接続
※ ソーラーパネルの最大出力時電圧が 8.7V なので、測定電圧は 0 〜 12V に設定

python のプログラムは、「pythonでTWE-Liteのシリアルを受け取る」を参考に、
一部修正して使用した。

修正箇所は、AD1~AD4の補正値
「公式サイト」では、
###########################################################
ef: AD1~AD4の補正値 (LSBから順に2ビットずつ補正値、LSB側が AD1, MSB側が AD4)
###########################################################
記述が有るので、補正値の「ACOMP」を変更して使用。

可変電源を使用して測定した結果

電源電圧 測定電圧
3.0 2.952
4.0 3.936
中略 中略
11.0 11.040
12.0 12.024

バッテリーの電圧監視には十分な結果でしょう。

ソーラーエアポンプ台

ソーラーエアポンプ台の画像と寸法をまとめた

雨天の運用でも問題無く使用可能でしたが、
台風などの場合は、ソーラーエアポンプを取り外して室内で保管した方が良いでしょう。

※ 掛ける幅(20mm)は、トンボ 角 タライ ジャンボ 栓付 60型 用なので、適宜変更して下さい。