Pi ZERO」カテゴリーアーカイブ

Pi ZERO USB-LAN

Pi ZERO の設定をするのに、
USB-LANアダプター corega FEther USB-TXC を接続した時の不具合。
設定が進み、USB-HUB に WiFi ドングルを繋いだ時に
USB-LANアダプターだけ接続が切れる様になった。
( LUA3-U2-ATX では問題無い )

corega FEther USB-TX は USB v1.1 で、
WiFi ドングルは USB v2.0 なので、混在接続すると USB v2.0 の速度になってるみたい?
試しに、cmdline.txt へ dwc_otg.speed=1 を追記してみたら接続が切れなくなった。

あまり無いと思うが、どうしても USB v1.1 機器を接続する場合は
USB の速度を遅い方に合わせる必要がありそう。
但し、USBカメラ等が使えなくなる。

百葉箱を作ってみた

ここ で面白そうな記事を見つけたので作ってみた。
深型の鉢受皿は7号・SUS寸切ボルトは M5 x 3
(3本の方がレベル調整が簡単なので)
温度センサー ADT7410 ( 在庫品 )
壊れたら 温度・湿度・気圧 が測定出来る BME280 にでも変更しよう

センサー設置台は、ダイソー「ハエ叩き」のメッシュ部分

設置場所は、デッドスペースのタワー内側・GL +1300mm

Raspberry Pi で CSV 保存し、dygraph でグラフ表示

サービスの起動順序変更

Raspberry Pi SD延命化の為に、
log を RAMDISKへ書き込む様に設定してるが
nginx を install すると、log ファイルへのアクセスが出来ずに起動エラーとなるので
起動を ram-log の service より後に変更した。

# nano /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nginx.service
———-
[Unit]
Description=A high performance web server and a reverse proxy server
After=network.target
After=[ram-log 名].service ← 追記する
———-
# reboot

RAMDISK化は下記サイトを参考に
ディレクトリ・ファイル 作成を自分の Pi に適合する様に変更すれば良いかと
Raspberry PiのログをRAMDISKに置く方法

Raspberry Pi Zero WH


Raspberry Pi Zero W に、ピンヘッダが実装された
Raspberry Pi Zero WHが、購入制限無し で発売予定です。
ピンヘッダが付くだけで、500円程度の差額をどう思うかは微妙です。
秋月のピンヘッダ 2×20 (40P)は50円なので、
ハンダ付けが得意な人には高く感じるでしょうね。
Raspberry Pi Zero W 単体の購入は難しいので選択肢が無い様ですが?
1月末発売予定ですが、どうせ遅れるし
この記事を書いた後に、販売を開始してましたが
アクセスが集中してるみたいで、サイトへのログインさえ出来ない状態です。
購入希望が殺到するので3月位には入手出来るでしょう。
購入制限が無いので、数台まとめて送料無料になる様に発注しよう。

金魚水槽カメラ+水温計 その2

以前に作ったPi – サーボモーターの動きがイマイチで、
気に入らなかったので新たにやり直してみた。
ラズパイマガジン2015年春号の、RPIOでサーボを制御を参考に再構築
Pi2 対応の RPIO –branch v2 –single-branch で、スムーズに動作する様になった。

ところが、Raspbian の reboot・shutdown でフリーズする。
WebIOPi が終了しない事が原因の様でした。
WebIOPi は、4.4系カーネルの頃に開発を終了してるので
4.9系カーネル に対応していない模様

4.4系カーネルの最終版、2017-04-10-raspbian-jessie で再構築したら
問題無く動作した。(kernel をアップグレードから除外)