Pi ZERO」カテゴリーアーカイブ

RealVNC 接続エラー

RASPBIAN 2020-02-13 の RealVNC Server に接続しようとすると、

Connected to RFB server, using protocol version 3.3
No configured security type is supported by 3.3 VNC Viewer

のエラーで接続出来ない。
PCからの接続なら RealVNC を使えば良いけど、
タブレット等から使えないので、即削除して tightvncserver に変更した。
ディスプレイ番号 :1 でも問題ないし、
:0 を使いたければ x11vnc でも良いかも。

USB-LAN

pi zero 用に USB-LAN LUA3-U2-ATX を使用してたが、
1〜2年程度で、2個も壊れた。
pi zero 使用中に再起動したら、いきなり死んだ。
LINK・10/100 LEDも点灯せず
(壊れた時、かなりの発熱)

pi zero は設定を検証するために使用してるので、
USB-LANの実質稼働時間は数週間程度

USB2.0-LAN は少なくなってるので、
とりあえず USB-LAN100R を発注した。

buffalo ・ planex
どちらも中身は中華製で五十歩百歩だと思うけど、
気分的に、壊れたメーカーの製品は使いたくない。

※ USB-LAN100R が届いたので早速使ってみたけど、
PANDUIT の LANコネクターとの相性が悪く差し込んだ時にロック出来ません。
(安物のLANコネクターならOK)
ほかのNETWORK 製品におまけで付いてきた
LAN ケーブルと LAN-JJ で使うしかないみたい。

VXD1 遠隔操作 3

1対N の接続を考察してみた。
運用コストや電波法に適合するかは無視してるので、
「LAN 内に基地局を設置した場合」以外は妄想です。

デジタル簡易無線は、レピーター不可ですが
無線の電波を中継してるのでは無く
機器を改造せず、マイクとスピーカーを VoIP で延長してるので
制御器になると思ってます。

◆ LAN 内に基地局を設置した場合

◆ 山頂等に基地局を設置した場合(コスト増大)

◆ 山頂等に基地局を複数設置した場合(電波法に抵触?)
※ 流石に複数同時送信は駄目でしょう!

LEDミニタッチライト

リモートGPIO で使えそうなスイッチをダイソーで見つけたので改造してみた。

内部基板のパターンを切って、スイッチだけを使用。
基板のセンターに穴を開け、LED挿入
電池BOX内に抵抗を空中配線し、ホットボンドで固めた。

完成(LED未点灯)

完成(LED点灯)

写真では、判りにくいので、照明を消した

押すたびに、LEDの色を変えたら「ガ○テン」のSWみたい!