Pi 3」カテゴリーアーカイブ

redmine pi3

pi3 に redmine 3.4 を、工事の工程管理用に設定してみた。

最初の接続時には10秒程待たされるが、その後の操作はスムーズで、結構使えそう!
ras-pi の性能だと、出先の現場事務所の仮設サーバー程度ならOKでしょう。

2018-04-18-raspbian-stretch ssh

2018-04-18-raspbian-stretch では /boot に ssh を作成しても接続出来ないので調べてみた。
下記の様な記述が有り ( どこのサイトだったか不明 )、設定すると解消された。

raspi-config で SSH をオフ
sudo rm /etc/ssh/ssh_host_* && sudo dpkg-reconfigure openssh-server
sudo touch /boot/ssh
raspi-config で SSH をオン

L-03D

L-03D を入手したので、設定してみた。(ファームウェアは最新)

■ 2017-04-10-raspbian-jessie-lite
usb-modeswitch では効果が無く、
# eject /dev/sr0 が必要
その後、modprobe で usbserial に設定

■ 2017-11-29-raspbian-stretch-lite
usb-modeswitch で L-03D と認識されるので、eject は不要だが
usbserial は、modprobe での設定が必要

ppp 設定は、ttyUSB2 で可能
但し poff で 回線断になるが、
L-03D との接続が切れず 回線接続 LED が消灯しない。
poff 後 ATH を送ると消灯し、その後再接続が可能になるので
一寸工夫が必要。

NET の無い環境で、DATA を収集する用途なら
3G 回線が使える間は、L-05A を使用した方が良いみたいです。

Pi で NAS 構築

古い PC を使い FreeNAS にて構築してた NAS が機器の不良で壊れたので
新規に Raspberry Pi で作る事にした。
普通に samba でも良いけど、WebGUI が使える物を試してみようと思い
OpenMediaVaultNAS4Free を設定してみた。

● OpenMediaVault
Pi2 と Pi3 に対応
OMV_******.img.xz を使うと、Pi3 の WiFi を認識しないので、有線LANのみ
Pi3 で WiFi を使用したければ、raspbian-jessie-lite にて、基本を構築後、
openmediavault を apt install すれば使える様になる ( stretch には未対応 )

● NAS4Free
Pi2 に対応 ( Pi3 未対応 )
platform は FreeBSD
NAS4Free-rpi2-SD-*******.img を etcher にて書き込むだけでOK

今回は、backup 用の NAS が FreeNAS にて動作中なので、
操作性が同じ NAS4Free を選択した。
( 以前に、試してみた事もあった )

USB-SATA 変換は、UD-505SA を使用