WiFi」カテゴリーアーカイブ

カーネル再構築

raspbian-stretch で、5GHz WiFi AP を設定してみようと
カーネルの再構築をしてみたら玉砕!
4.9系列
2017-06-21-raspbian-jessie NG
2017-07-05-raspbian-jessie NG
2017-09-07-raspbian-stretch NG
make・install はエラー無く終わるけど、起動しない。
4.9系列で再構築出来た人は居るのかな?

5GHz WiFi は、当分の間 4.4系列 最後の 2017-04-10-raspbian-jessie で、
kernel をアップグレードから除外して使うしか無いみたいです。

Pi – wifi 2.4G (WN-G300UA)

IO-DATA WN-G300UA で、ブリッジ接続 2.4GHz WiFi AP

◆ Pi2 + WN-G300UA の利点
カーネル再構築不要
(再構築したカーネルの rtl8812au では、起動するが認証エラー)
PI3 の内蔵 WiFi を使うよりも消費電力が少なく、
近隣の混信が無ければ、2.4GHz の方が到達エリアが広い

◆ WN-G300UA
USB に接続すると認識される
外部アンテナ効果は大きい
同じ設定で PI3 内蔵 WiFi も動作もしますが
到達エリアは、5割増しです。

◆ ブリッジ接続
既存の LAN と同じネットワークで
router 等の dhcp-Server を利用可能
但し、guest 用には不向き。

◆ 構築仕様
dhcpcd や NetworkManager を使用しない
2016-11-25-raspbian-jessie
2017/01 kernel Ver. 4.4.38-v7+

# apt-get -y install bridge-utils hostapd

# nano /etc/network/interfaces
—————————————-
auto br0
iface br0 inet static
address ###.###.###.###
netmask ###.###.###.###
gateway ###.###.###.###
dns-nameservers ###.###.###.###
bridge_ports wlan0 eth0
post-up iw dev $IFACE set power_save off
—————————————-

# bash -c “zcat /usr/share/doc/hostapd/examples/hostapd.conf.gz > /etc/hostapd/hostapd.conf

# nano /etc/hostapd/hostapd.conf
—————————————-
interface=wlan0
bridge=br0
driver=nl80211
ssid=AP名
country_code=JP
hw_mode=g
ieee80211n=1
channel=1~12・14
macaddr_acl=0
auth_algs=1
wpa=3 ← WPA1 WPA2 両方 許可
wpa_passphrase=パスフレーズ
wpa_key_mgmt=WPA-PSK
wpa_pairwise=CCMP TKIP
rsn_pairwise=CCMP
—————————————-
※ 最低限の動作確認用設定なので、
セキュリティの項目を追加するのが望ましいでしょう。

仮起動
# hostapd /etc/hostapd/hostapd.conf

自動起動
# nano /etc/default/hostapd
—————————————
#DEAMON_CONF=
DAEMON_CONF=”/etc/hostapd/hostapd.conf”
—————————————
# reboot

Pi2 – wifi AP (WI-U2-433DM)

Pi2 – wifi client で、WI-U2-433DM が使用可能になったので、
Access Point を構築してみました。

apt-get で install した hostapd では動作しないとの事で、
ここ を参考に設定しました。

hostapd.conf
—————–
driver=rtl871xdrv
hw_mode=a
ieee80211n=1
—————–
にて動作してます。

※ pi2 の起動が不安定で、電源を再投入すると動作する。

※ 多分、同じチップを使ってるので、
WI-U2-433DHP の方がエリアが広がると思われます。
( 近所の量販店に在庫が無かった )

Pi2 – wifi client (WI-U2-433DM)

BUFFALO WI-U2-433DM を 5GHz WiFi で使用(2017/01 )
ここ を参考に 4.4 系列対応にしました。

■ kernel 再構築

● 現在の kernel Ver を調査
# uname -a
4.4.38-v7+

● 必要なパッケージを追加
# aptitude -y install bc ncurses-dev git

● 4.4 系列 kernel の再構築
# cd /usr/src
# git clone –depth 1 https://github.com/raspberrypi/linux.git -b rpi-4.4.y
# git clone –depth 1 https://github.com/raspberrypi/firmware.git
# cd ./linux
# modprobe configs
# zcat /proc/config.gz > .config
# cp ../firmware/extra/Module7.symvers Module.symvers
# make oldconfig
# make zImage && make modules && make dtbs ( 数時間必要 )
# make modules_install
# cp arch/arm/boot/dts/*.dtb /boot/
# cp arch/arm/boot/dts/overlays/*.dtb* /boot/overlays/
# cp arch/arm/boot/dts/overlays/README /boot/overlays/
# cp /boot/kernel7.img /boot/kernel7.img.old
# scripts/mkknlimg arch/arm/boot/zImage /boot/kernel7.img
# reboot

● 新しい kernel の Ver
# uname -a
4.4.39-v7+

■ driver install

● rtl8812au を install する
# cd /usr/src
# git clone https://github.com/gnab/rtl8812au.git
# cd ./rtl8812au
# ee Makefile
——————————————–
53 行目 : CONFIG_PLATFORM_I386_PC = n に変更
59 行目 : CONFIG_PLATFORM_ARM_RPI = y に変更
——————————————–
# chmod +x install.sh
# ./install.sh
Do you wish to activate the module now? (y/n) y [ Enter ]

■ 接続設定

下記ファイルを適宜設定後、WI-U2-433DM を取付て再起動すればOK

/etc/network/interfaces (dhcpcd や NetworkManager を使用しない設定)
/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

※ 接続先の WiFi-AP が、
2.4GHz と 5GHz 両方対応してる場合は2.4GHz へ優先接続するので、
2.4GHz を停止して接続すれば 5GHz での動作確認が出来る。